前へ
次へ

割れたりかけたりひびが入っている食器

今は食器は100円ショップでも売られています。100円と言ってもそれなりにしっかりしたもので、一般的に使うのに全く問題はありません。昔は陶器の食器は非常に貴重だったらしく、割れたりしたら修復をして使っていたようです。今なら少し割れただけ、ひびが入った状態で捨てる時もあるでしょう。自宅にある食器で割れたりかけたりひびが入っているものを買取ってもらうことができるかどうかです。これらはすべて食器にとっては致命的な問題と言えるでしょう。割れたりかけたりすると非常に危険なので業者は他人に売るのが難しくなります。ひび割れも業者としてはなかなか売りにくいと言えます。ただし芸術的価値のある食器に関しては取り扱いが変わります。使うのを前提にしているので、割れていても修理をして販売できる可能性があります。ひびが入っていても、飾る分なら問題ない時もあります。食器として使えないから価値がなくなるとは限らず、一定の価値を持っているものもあります。

Page Top